国際人権団体ヒューマンライツ・ウォッチ、最近のシオニスト政権の犯罪行為を非難

国際人権団体ヒューマンライツ・ウォッチ、最近のシオニスト政権の犯罪行為を非難

国際人権団体ヒューマンライツ・ウォッチが、「イスラエルの政府幹部は、パレスチナ人に対する戦闘用兵器の使用を支持している」と表明しました。

イルナー通信によりますと、ヒューマンライツ・ウォッチのエリック・ゴールドスタイン中東・北アフリカ局長代理は3日火曜、声明を発表し、「イスラエルの政府幹部は、パレスチナとの分離壁全域に配備されている兵士らが、国境に近づいたすべての人物を標的にするということを公言した」としています。

この声明ではまた、「パレスチナ人の抗議行動で多数の死傷者が出たことは、イスラエル兵に対し、身の危険を感じない状況でも、戦闘用兵器を用いる許可を出した結果である。この行動は、国際法への違反であり、パレスチナにおける国際的な犯罪に関する正式な捜査に向けた、国際刑事裁判所の法的な措置の重要性を高めるものだ」とされています。

パレスチナ人による「祖国帰還の権利」と称する抗議行進が始まって以来、パレスチナ人18名が殉教、1900人以上が負傷しています。

この抗議行進は、先月30日、パレスチナ人にとっての「土地の日」にちなんで実施され、現在も続いています。

シオニスト政権イスラエルは、1976年3月に数千ヘクタールにわたるパレスチナ人の土地を占領しており、この行動はパレスチナ人の大規模な怒りを引き起こしています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016