国連子供の権利委員会、「イエメン戦争で、子供1200人以上が死亡」

国連子供の権利委員会、「イエメン戦争で、子供1200人以上が死亡」

国連子どもの権利委員会が、最終的な報告の中で、サウジアラビア連合のイエメン戦争により、1200人以上のイエメンの子供が死亡したと強調しました。

アルマヤーディンチャンネルによりますと、11日木曜に発表されたこの報告では、イエメンの非軍事地域に対する空爆の停止の必要性が強調されました。

また、サウジアラビア主導の連合軍の誤爆を改善するよう、大きな努力を行うとしたサウジアラビアの約束に触れ、この約束にもかかわらず、イエメンの子供は現在も、死亡、負傷し、孤児となっているとしました。

さらに、サウジアラビアの支援者の連合が2016年に子供のいる場所への攻撃について調査するために結成した調査チームの機能不全について、懸念を示しました。

この報告によりますと、3年7ヶ月にわたるイエメン戦争で、イエメンは世界最悪の人道危機に瀕しているということです。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018