国連が、イエメンでの妊婦の痛ましい状況に懸念を表明

国連が、イエメンでの妊婦の痛ましい状況に懸念を表明

国連人口基金が、危機に直面しているイエメン西部フダイダでの妊娠中の女性たちの痛ましい状況に懸念を表明しました。


ロイター通信によりますと、国連人口基金は、3日金曜、「’フダイダ市で数百人の妊婦が医療ケアの不足により、死の危険に遭遇している」としています。

これ以前にも、世界食糧計画は、報告の中で、戦争に襲われたイエメンでは1800万人の人々が食料面での安全を奪われていることについて警告しました。

また、別の報道によりますと、シリア外務省とレバノンのシーア組織ヒズボッラーは個別に声明を発表し、イエメンのフダイダにある病院に対するサウジアラビアの2日木曜の攻撃を非難しました。この攻撃により、少なくともイエメン人市民60人が死亡、他100人以上が負傷しました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018