世界銀行 ガザ地区での経済危機を警告

世界銀行 ガザ地区での経済危機を警告

世界銀行が、パレスチナ・ガザ地区での経済危機や同地区のパレスチナ人の危機的な状況について警告を発しました。

IRIB通信によりますと、世界銀行は25日火曜、報告の中で、国際社会に対しガザ地区の経済の崩壊の阻止に向け即時に真剣な行動に出るよう求めました。

世界銀行はまた、ガザ地区での失業率は50%以上だとし、「ガザ地区の経済危機の要因として、10年に渡るシオニスト政権イスラエルによるガザ地区封鎖、アメリカをはじめとする国際社会のパレスチナ人への支援減少といった問題が挙げられる」としています。

およそ200万人の人口を有するガザ地区は、2006年からシオニスト政権により封鎖下に置かれており、燃料、食料、医薬品の危機に直面しています。

ガザ地区では、この期間中、さらにシオニスト政権の大規模な攻撃を受け、これにより、数千人が殉教、または負傷しています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018