世界のメディア、革命勝利記念日の行進への多数のイラン国民の参加を報道

世界のメディア、革命勝利記念日の行進への多数のイラン国民の参加を報道

世界のメディアが、イスラム革命勝利記念日の行進への多数のイラン国民の参加を、トップニュースとして伝えています。

イランイスラム革命勝利39周年を記念する行進は、11日日曜、テヘランをはじめ、イラン全国の1000以上の都市、4000以上の村で盛大に行われました。

1979年、イスラム革命は、パフラヴィー王政に抗議しイスラム共和国の創始者ホメイニー師を指導者として勃発、2月11日に勝利を収めました。

レバノンのニュースサイト、エルナシュラとアルアヘドは、イラン各地の行進を数百万人規模と伝えました。

レバノンのアルマヤーディンテレビも、イラン各地での革命記念日の行進の映像を放送しました。

 

パキスタンの日刊紙、ザ・ネーションは、「1979年のイランイスラム革命の勝利39周年を記念する行進を実施するため、数百万人のイラン人が街頭に繰り出した」と報じました。

アゼルバイジャンの通信社トレンドは、イランの革命記念日を大きく伝え「イランの人々は、1979年に勝利したイスラム革命の記念日を迎え、全国の都市で街頭に繰り出し、アメリカとイスラエルに反対するスローガンを叫んだ」としました。

こうした中、シリアのサナ通信は、イランのイスラム革命勝利39周年の行進への国民の大々的な参加に触れ、「数百万人のイラン人が、外国の圧力への抵抗と国民の統一を求めるスローガンが書かれたプラカードを手にしていた」と伝えました。

ロシアのアラビア語チャンネル、ロシア・アルヨウムも、イランイスラム革命勝利記念日の大々的な行進の様子を伝え、「イランの人々は、全国各地で行進に参加し、革命の勝利記念日を祝った」としました。

中国・新華社通信は、イラン全国の革命記念日の行進を伝え、「全国で何十万人もの人が街頭に集まり、イスラエルとアメリカに反対するスローガンを叫んだ」としました。

 

ロシア・スプートニク通信のアラビア語放送は、テヘランの行進で、イランの弾道ミサイル「ガドル」の模型が展示されたことに触れ、「革命記念日の行進へのイラン国民の大々的な参加は、アメリカとイスラエルの地域における陰謀への回答だった」としました。

さらに、AP通信は、「イラン国民は、革命勝利39周年に際し、再び、“アメリカに死を”、“イスラエルに死を”のスローガンを叫んだ」と報じました。

フォックスニュース、ABCニュース、CNNなどのアメリカの多くのメディアが、革命記念日の行進を報道し、大勢のイラン国民の参加とイスラム体制の擁護を認めました。

フランス通信は、「イランの大統領は、テヘランで、革命記念日の行進に参加した大勢の国民を前に、統一を求めた」としました。

フランス24も、革命記念日の行進を取り上げ、ニュースの中で、大勢のテヘラン市民が革命記念日の行進に参加したと伝えました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
haj 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016