世界におけるイランの信用度上昇

世界におけるイランの信用度上昇

OECD・経済開発協力機構が、イランの国別投資リスクの度合いを6から5に引き下げました。

メフル通信によりますと、およそ10年ほど、イランの国別リスクは7と最高の数値でしたが、加盟国の一部の反対により、昨年、この数値を7から6としました。

政治・経済的なリスクの軽減を示す、世界各国との金融関係の合意締結とイランの経済的成功により、OECDの国別リスクは、この数日で、イランを5としました。

今後、近いうちに、イランのリスクの数値は再び減少することになることが予想されます。

OECDの国別リスクは0から7の数値がつけられ、最もリスクの高い場合、7とされます。

イラン投資・経済技術支援機構のハザーイー長官も、「OECDによれば、政治と治安の安定が、イランのリスクの状況を改善した」と語りました。

ハザーイー長官はまた、OECDのリスクの数値は、各国の経済協力に重要な影響を及ぼしているとしました。

イランのリスクの数値軽減は、投資を行う上での費用の削減において、また、外国投資の誘致という点で、そして、イランの国際的な金融の信用度の改善に大きな影響を及ぼします。

ハザーイー長官はさらに、「OECDによれば、このリスクの数値において35カ国のみが5以下であり、それ以外は6か7だ」としました。

フランス・パリに本部を置くOECDは、調査や監督を行う豊かな国による組織とされています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018