ロシア、サウジアラビアによるカタールW杯中止の要請に反対

  • ニュースコード : 842761
  • 出典 : parstoday
Brief

サウジアラビアをはじめとするアラブ6カ国が、FIFA国際サッカー連盟に対し、2022年のワールドカップのカタール開催を中止するよう要請したことを受け、ロシアがそれに反対しました

サウジアラビア、イエメン(ハーディ元大統領政権)、モーリタニア、アラブ首長国連邦、バーレーン、エジプトのサッカー連盟は、カタールがテロを支援していると主張し、2022年のサッカー・ワールドカップのカタール開催を中止するよう求めました。

イルナー通信によりますと、2018年の開催国であるロシアのサッカー連盟会長は、「2022年のワールドカップ開催をカタールから別の国に変更すべき法的な理由はない」と語りました。

サウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦、バーレーンは、先月5日、カタールとの国交断絶を宣言しました。

その後、国交再開の条件として13項目のリストをカタール側に提示しましたが、カタールがそれらを拒否したため、新たな決定を下すと発表していました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016