ユニセフが、サウジアラビアにイエメンのインフラに対する攻撃の停止を要請

ユニセフが、サウジアラビアにイエメンのインフラに対する攻撃の停止を要請

ユニセフが、サウジアラビア政府に対し、イエメンのインフラに対する攻撃の停止を求めました。

レバノンのアルメナール・チャンネルによりますと、ユニセフは2日木曜、声明を発表し、サウジアラビア主導のアラブ連合軍に対し、特に水道【施設】をはじめとするイエメンの重要な施設やインフラに対する攻撃の停止を求めました。

サウジアラビアの戦闘機は、最近の犯罪行為の中で、イエメン西部フダイダ州の、難民の必需品を保管するユニセフの倉庫を爆撃しました。

また、別の報道によりますと、イエメン政府が海上における停戦合意と、1日水曜朝からのその実施を求める中、アラブ連合軍がこれを無視し、1日午後、イエメン領のズカル島付近で、イエメンの漁船を攻撃しました。

サウジアラビアとその同盟国によるイエメンへの攻撃は、2015年3月から開始されており、この戦争でこれまでに数万人が死傷したほか、数百万人が住む家を失っています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016