モスルでISの最後の砦の陥落目前

  • ニュースコード : 830850
  • 出典 : parstoday
Brief

数ヶ月に及ぶ戦いの末、イラク軍が、北部モスルの複数の地域を解放し、この町はまもなく、テロ組織ISの占領から完全に解放されようとしています。

イラクの情報筋によりますと、モスル西部の95%以上が完全に解放されました。

イラク軍はこの2日間、シリアとの国境80キロ、モスルの西100キロの場所にある都市に進軍しました。

イラク軍は、「最近の勝利により、ISはこの3日間、イラク軍に対して誘導ミサイルを使用した。このミサイルはアメリカ製で、アメリカは以前、同じミサイルを自由シリア軍にも供与し、シリア軍に対して使用させていた」と語っています。

イラク人の専門家によれば、ISがこのような危険な兵器を手にしていることは、アメリカなどの西側諸国が、ISが早急にシリア国境まで、民兵によって敗北を喫することを恐れていることを示しています。

モスル解放作戦は2016年10月に始まり、イラク軍はおよそ100日間でモスル東部を完全に解放しました。

また、西部の解放作戦は、今年2月に始まり、現在も続けられています。

イラクの軍事、政治関係者によりますと、モスル解放作戦が思うような速度で進んでいないのは、民間人の命を守り、住宅地やインフラに被害が及ぶのを防いでいるためだということです。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016