パレスチナ国連大使、「国連は、ガザ地区の封鎖解除における責務を果たすべき」

パレスチナ国連大使、「国連は、ガザ地区の封鎖解除における責務を果たすべき」

パレスチナのリヤド・マンスール国連大使が、ガザ地区など被占領地パレスチナにおける人道状況は悲惨な惨憺たるものだとし、国連に対し、ガザ地区の封鎖解除に向けた責務を果たすよう求めました。

イルナー通信がアメリカ・ニューヨークから報じたところによりますと、マンスール大使は14日水曜、パレスチナを巡る国連安保理の非公式の会議を前に、記者団に対し、「安保理は自らの責務を果たすことで、ガザ地区の人々に自由で自然な生活を送るための権利を与えるべきだ」と述べました。

ガザ地区の電力会社は、同地区の発電所は燃料が尽きたため、活動を停止する寸前にあるとしています。

シオニスト政権イスラエルが2006年以来、ガザ地区を封鎖していることから、この地区は人道や経済の面で懸念すべき状態に置かれています。

 /309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016