パレスチナ人祖国帰還権利の行進にて52人殉教2410人が負傷

パレスチナ人祖国帰還権利の行進にて52人殉教2410人が負傷

今日の祖国帰還権利を求める抗議行進において、パレスチナ人52人が殉教2410人が負傷しました。

 今日(14日)のアメリカ大使館のエルサレムへの移転に伴い、パレスチナ人による祖国帰還権利を追求する抗議行進が行われました。パレスチナ人たちは、(彼らにとって1948年のイスラエルという偽りの政権の誕生と共に、彼らの領土の占領、パレスチナ人の多数の殺害と拘束を想起させる“ナクバの日“を機に)祖国帰還権利を追求する抗議行進を行いガザ地区のイスラエルとの境界線に集結しました。同様にヨルダン川西岸にあるパレスチナの様々な町や村においても抗議デモが行われています。

今日の抗議行進では、ガザ地区の境界線に集結した抗議行進参加者たちに対するシオニスト政権軍の継続的な攻撃により、パレスチナ人が少なくとも52名殉教しました。

負傷者は、これまでのところ2410人にのぼっています。             

シオニスト政権軍は、祖国帰還の権利を追求する人々がテントを張るガザ地区の境界線一帯の堤防を増強し、さらに多くの軍事物資をこの地域に送りました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016