パレスチナ人祖国帰還権利の行進で、2人が殉教

パレスチナ人祖国帰還権利の行進で、2人が殉教

11日金曜に行われた、パレスチナ人の祖国帰還の権利を求める行進の中で、パレスチナ人2人が殉教、数百人が負傷しました。

パレスチナ情報センターによりますと、祖国帰還の権利を求める行進は、11日金曜、ガザ地区で大々的に行われました。

これに対して、シオニスト政権イスラエル軍が銃撃を行い、パレスチナ人少なくとも2人が殉教しました。

また、パレスチナ人450人以上が催涙ガスにより窒息状態に陥りました。

パレスチナ人の土地の日に当たる3月30日から、ガザ地区でこの平和的な行進が始まり、これにシオニスト政権軍が発砲していることから、これまでにパレスチナ人55人が殉教し、9000人以上が負傷しています。

インドネシア・ジャカルタの数十万人の人々も、アメリカのトランプ大統領がベイトルモガッダス・エルサレムをシオニスト政権の首都と認めたことに怒りを示し、アメリカとシオニスト政権の旗を燃やしました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016