パレスチナ・ガザ地区で、乳児6人が封鎖による医薬品不足で死亡

パレスチナ・ガザ地区で、乳児6人が封鎖による医薬品不足で死亡

イランの国際人権支援センターが、「パレスチナ・ガザ地区の病院で、未熟児として出生した乳児6人が、必要な医薬品の不足により死亡した」としました。

国際人権センターは、ガザ地区の病院における医薬品の危機が始まって以来、乳児6人が命を落としていることに触れ、「これらの乳児は、未熟児の呼吸システムを助ける注射薬Surfactanntがなかったために死亡した」としています。

2006年から始まったシオニスト政権イスラエルによるガザ地区封鎖の影響で、この地区の経済・人道状況は非常に懸念すべきものとなっています。

ガザ地区にあるパレスチナ保健省危機委員会も、各国に対し同地区の住民への支援によりこの状況の打開を促すよう求めました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016