トルコ大統領、「カショギ氏の殺害は事前に計画されていた」

トルコ大統領、「カショギ氏の殺害は事前に計画されていた」

トルコのエルドアン大統領が、サウジアラビアの体制批判的なジャーナリスト、カショギ氏の殺害事件は前もって計画されたものだったと強調しました。

IRIB通信によりますと、エルドアン大統領は23日火曜、トルコ国会でカショギ氏の殺害事件に関して演説を行う中で、「カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジアラビア大使館に入ったとき、この殺人事件の犯罪者がそこに待機していた」と語りました。

また、「カショギ氏は悲惨な形で、サウジアラビアの治安・情報関係者によって殺害されたが、これに関与した人物をならず者のグループとすることはできない」と述べました。

さらに、「サウジアラビアのサルマン国王は、電話で会談した際に、18人がこの殺人事件に関与した容疑で逮捕されたことを認めた」と語りました。

エルドアン大統領は、カショギ氏の殺害に関するサウジアラビアの新たな説明に関して、疑問を提示し、「カショギ氏の殺害事件に関して、サウジアラビアの情報・治安関係者数名を訴追することは、受け入れがたい」としました。

また、トルコの努力によって、この殺人事件の詳細が明らかになったとき、サウジアラビアの立場は変わったとしました。

さらに、この殺害事件は、イスタンブールのサウジアラビア総領事館で発生したと強調し、トルコはこの問題の真実を完全に明らかにし、この犯罪に関与した人物を罰するため、国際機関との協力を行い、その努力を続けるとしました。

カショギ氏は、今月2日、トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館に入った後、行方がわからなくなりました。

複数の報道は、カショギ氏がサウジアラビアのムハンマド皇太子の指示により、同国の情報機関により殺害されたとしています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018