テロとの戦いで殉教したホジャジー氏関連の記事の反響大

  • ニュースコード : 849292
  • 出典 : parstoday
この数日、テロとの戦いで殉教したイランの戦士、モフセン・ホジャジー氏(25)に関するする記事や写真映像が、SNSなどをはじめとするイランのメディアを賑わせています。

ホジャジー氏は、シリアとイラクの国境においてテロ組織ISとの戦いで捕虜とされ、殉教しました。

ホジャジー氏の殉教は、イランの人々の心に悲しみをもたらすとともに、イラン人としての誇りやプライドを芽生えさせています。

この数日、イスラム教徒のイラン人には「悲しみと自尊心と名誉」という共通の感情が沸き起こっています。

ホジャジー氏が捕虜とされ殉教した事実には、また別の経緯があります。

ホジャジー氏は、ISのカメラを見つめていたときに両手を縛られ、血を流しながら処刑場へと連れて行かれました。

ホジャジー氏は、青少年時代から文化活動のほかに慈善活動に従事し、ボランティア団体とともに、イランにおける貧困や貧民街をなくす運動に携わってきました。

彼は、世界のあらゆる場所において偽りとの戦いを切望し、結婚当初から妻に対しても殉教に向けた支援を求めていました。

ホジャージー氏はその短い人生において両親への敬意、家族への愛、敬虔さや罪の回避、自己献身、貧困の撲滅、人々の文化の向上のため努力していました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016