シリア、「アメリカは、世界の平和と安全にとっての脅威」

シリア、「アメリカは、世界の平和と安全にとっての脅威」

シリア外務省が、「アメリカの最近の行動は、同国が道徳上の原則を守っていないのみならず、理性に欠け、世界の平和と安全にとっての脅威であることを示すものだ」としました。

シリア国営サナ通信が12日木曜、報じたところによりますと、シリア外務省の関係者は、「テロ組織ISの空軍として機能しているアメリカ政府にとって、シリア・東グータ地区のテロリストを支援して、化学兵器の使用を口実にシリアを攻撃すると脅迫することは、決して驚くに値しない」と表明しています。

また、「アメリカ政府と、これに同盟するフランスやイギリスなどの国は、自らの言動によりシリア政府軍とテロとの戦いをやめさせられると思い込んでいるが、シリア政府はそのような言動には注目せず、テロとの戦いを続行する」とされています。

アメリカは、繰り返しのシナリオにより、シリア・ダマスカス近郊の東グータ地区での化学兵器の使用でシリア政府を非難し、同政府に対しこの行動に対する報復を受けるだろうとして脅迫しています。

シリア外務省は、これ以前にも正式に化学兵器禁止機関に対し、東グータ地区での化学兵器使用に関する調査団をシリアに派遣するよう求めていました。

アメリカは15年前にも、イラクに対する世論操作を行い、国連に偽りの情報を提供してイラクを攻撃し、同国の多数の市民の殺害を引き起こしています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016