シオニスト政権、ヒューマンライツウォッチの報告官の調査を拒否

  • ニュースコード : 815613
  • 出典 : parstoday
Brief

シオニスト政権イスラエルが、国際人権団体ヒューマンライツウォッチの報告官がパレスチナ被占領地に入るのを阻止しました。

ヒューマンライツウォッチは、シオニスト政権の犯罪を批判する報告を発表してきました。

ファールス通信が3日金曜に伝えたところによりますと、ヒューマンライツウォッチの報告官は、イスラエルから査証の発給を拒否されたと語りました。

シオニスト政権は数日前、欧州議会の代表団がガザに入るのを阻止しました。

ヒューマンライツウォッチは2016年報告の中で、ヨルダン川西岸のシオニスト入植地で活動する外国やシオニスト系の企業は、パレスチナ人に対する犯罪に加担しているとしました。

この組織はまた、国連によって違法とされている、入植地のイスラエルのサッカークラブのFIFA国際サッカー連盟からの追放にむけて努力しています。

/309 


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016