シオニストのガザでの犯罪に対し、各国から大きな反発

シオニストのガザでの犯罪に対し、各国から大きな反発

アメリカ大使館のベイトルモガッダス移転に抗議したパレスチナ人が、シオニストの残忍な攻撃を受けて殺害されたことは、世界の各国や国際機関の大きな反発を招きました。

ガザ地区の人々は、14日月曜、5月15日のパレスチナが占領された日を前に、ベイトルモガッダスのアメリカ大使館の開設に合わせてデモを行いました。

このデモをシオニスト政権イスラエル軍が攻撃し、この中で、少なくとも60人のパレスチナ人が殉教、2700人以上が負傷しました。


また、ガザ地区で、パレスチナ人の乳児が催涙ガスによって窒息し、殉教しました。


イラン外務省のガーセミー報道官は、シオニスト政権軍のガザやパレスチナ各地での犯罪を非難するとともに、国際社会に対し、シオニストの犯罪に即座に対応を示すよう求めました。


パレスチナ・イスラム抵抗運動ハマスは、「アメリカ大使館のテルアビブからベイトルモガッダスへの移転に反対するパレスチナ人の平和的なデモは、ガザ国境地域で続けられる」と発表しました。

パレスチナ自治政府のアッバス議長は、「パレスチナ人は、今後、自分たちの問題に関するアメリカの仲介を受け入れない」と表明しました。

日本の菅官房長官は、アメリカ大使館のベイトルモガッダス移転は、中東の衝突と緊張の拡大を招くと語りました。


フランス、イギリス、カナダ、ニュージーランド、EU上級代表が、ガザで、シオニスト政権軍によってパレスチナ人数十人が殺害されたことに懸念を示すと共に、パレスチナ人に対する暴力の停止を求めました。


スペインの社会労働党は、ガザ地区で、アメリカ大使館のベイトルモガッダス移転に抗議するデモにより、パレスチナ人数十人が殉教したことは、大量虐殺だとし、シオニスト政権に対するEUの対応を求めました。

トルコ、イラク、シリア、レバノン、アラブ連盟は、ガザ地区のパレスチナ人の抗議が攻撃されたことを非難しました。

トルコは、アメリカ大使館のベイトルモガッダスへの移転とガザ地区でのシオニストの犯罪に抗議し、アメリカとシオニスト政権に駐在する大使を本国に召還しました。

南アフリカも、シオニスト政権から大使を召還しました。


国連の関係者は、「アメリカは、ガザ地区での最近の出来事に関し、国連による独立した調査が行われることを求めたクウェートの要請が、国連安保理で提起されるのを妨げた」と語っています。

クウェートはまた、国連安保理に対し、ガザ地区の状況について話し合うため、15日火曜に緊急会合を開くよう要請しました。


パレスチナのマンスール国連大使は、アメリカ大使館のベイトルモガッダス移転に抗議したパレスチナ人の殺害を受け、「この犯罪が別の場所で起こっていたら、安保理はすぐに対応を取っていただろう」と語りました。

国際人権団体アムネスティインターナショナルは、ガザのパレスチナ人の抗議者に対するシオニスト政権軍の行動を、不遜な人権侵害だとしました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016