シオニストが、最近のシリア侵略に対する自らの攻撃へのイランの反応を懸念

シオニストが、最近のシリア侵略に対する自らの攻撃へのイランの反応を懸念

最新の世論調査の結果、シオニストがシリア西部ホムス州中部にある軍事基地への自らの最近の攻撃に対するイランの今後の反応を懸念していることが明らかになりました。

アルアーラム・チャンネルが19日木曜、報じたところによりますと、シオニスト系の新聞マーリブに掲載されたこの世論調査の結果では、被占領地に住むシオニストの73%以上が、シオニスト政権イスラエルの安全が危険にさらされていると考えていることがわかっています。

この調査ではまた、回答者の52%が、シオニスト政権の戦闘機によるシリアの軍事基地への最近の攻撃に対するイランの今後の反応を含めた、被占領地北部での緊張の高まりから、近い将来戦争が勃発することを懸念しています。

さらに、パレスチナ・イスラム抵抗運動ハマスとイラン、そしてレバノンのシーア派組織ヒズボッラーといった、外部からの脅迫の割合に対する懸念は34%、パレスチナの抵抗運動による安全上の脅威は32%、物価高や経済格差による脅威はおよそ32%に達しています。

今月9日未明、シリア西部ホムス州にある軍事基地が、シオニスト政権イスラエル軍のミサイル攻撃を受け、これにより7名が殉教しました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016