サウジ軍のイエメン空爆で、多数が死傷

サウジ軍のイエメン空爆で、多数が死傷

サウジアラビア軍によるイエメン空爆で、新たにイエメン人多数が死傷しました。

イエメンのサバー通信によりますと、サウジアラビアの戦闘機は25日月曜、イエメン中部ダマール市を5回以上に渡り爆撃しました。

この攻撃で、4人が死亡、他55人が負傷しました。さらに、食糧を運んでいたトラックなど自動車数台も破壊されました。

サウジの戦闘機は25日、イエメンの首都サヌアのある住宅地を攻撃し、この中で、民間人11人が死亡しました。

さらに、イエメン西部フダイダ州を攻撃し、女性3人を含むイエメンの市民9人が死亡しました。

 

サウジアラビアは、アメリカ、アラブ首長国連邦など複数の国の支援を得て、2015年3月からイエメンを攻撃し、全面的に封鎖しています。この攻撃により、これまでに、イエメン人数万人が死傷したほか、数百万人が難民となっています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018