サウジアラビア連合軍の攻撃によるイエメン人の死傷者数 3万8000人に

サウジアラビア連合軍の攻撃によるイエメン人の死傷者数 3万8000人に

イエメンの人権団体が、「サウジアラビア主導のアラブ連合軍の攻撃が始まってから、イエメンの民間人の死傷者数がおよそ3万8000人に達した」と発表しました。

イルナー通信によりますと、この人権団体は12日木曜、報告書の中で、「2015年3月にこの攻撃が始まってから、イエメンの民間人1万4700人が死亡し、2万3千人以上が負傷した」としました。

また、この報告書によりますと、負傷者数の4人に1人が女性や子供となっています。

さらに、イエメンの様々な地域への空爆が3年以上続いたことで、数百の住宅や施設、数十の空港や港が、攻撃にさらされ、破壊されたとしています。

数百のモスク、病院、学校、大学、市場、工場、スポーツセンターや農業用地も、サウジアラビア主導のアラブ連合軍により攻撃されました。

サウジアラビアは、アメリカやアラブ首長国連邦など数ヶ国からの支援を受け、2015年3月からイエメンに対する軍事行動を開始し、同国を全面的に封鎖しています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
haj 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016