サウジアラビア軍 イエメン各地を爆撃

サウジアラビア軍 イエメン各地を爆撃

サウジアラビア軍の戦闘機が、イエメンの防衛手段を持たない人々に対する犯罪を続ける中、この数時間同国の各地を数回に渡り爆撃しました。

イエメンのアルマシーラ・テレビによりますと、サウジアラビアの戦闘機は、イエメン西部のフダイダ州を数回に渡り、空爆しました。

こうした中、サウジの戦闘機は、イエメンの首都サヌアにある軍事大学や2箇所の軍事基地を爆撃しました。

また、イエメン中部のアルバイダ州も、3回に渡りサウジ軍の攻撃を受けています。

サウジアラビアは、2015年3月からアメリカの支援を得て、アラブ首長国連邦と共にイエメンを攻撃し、全面的に封鎖しています。この攻撃により、イエメンではこれまでに数万人が死傷した他、食糧や医薬品の深刻な不足が発生しています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018