サウジアラビアのイエメン攻撃で新たにイエメン人19人が殉教

  • ニュースコード : 815615
  • 出典 : parstoday
Brief

サウジアラビア軍の戦闘機が、イエメン各地を攻撃し、これにより、4人が殉教、15人が負傷しました。

ファールス通信によりますと、サウジアラビア軍の戦闘機は、イエメン北西部サアダ州の住宅地をクラスター爆弾で攻撃し、これにより、3人が殉教、ほか子供8名が負傷しました。

サウジ軍の戦闘機はまた、イエメン西部ハッジャ州にあるイエメン人の住宅を攻撃し、この中で民間人1人が殉教し、女性と子供7人が負傷しました。

さらに、首都サヌア州を6回に渡り攻撃し、このうちの2回の攻撃でクラスター爆弾を使用しました。

サウジアラビアは、ハーディ元イエメン大統領を政権に復帰させるため、アメリカとイギリスの支援を得て、2015年3月以来イエメンを攻撃しました。これにより、イエメン人1万1000人以上が殉教し、このうちの大半が女性と子供となっているほか、多数の人々が難民となっています。

サウジのイエメン攻撃により、イエメンは厳しい食料、医薬品の不足に直面しており、多くの病気が蔓延しています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016