イラン石油大臣、「アメリカは原油価格の値下がりに向け、制裁を解除すべき」

イラン石油大臣、「アメリカは原油価格の値下がりに向け、制裁を解除すべき」

イランのザンゲネ石油大臣が、アメリカが対イラン制裁を解除すれば原油価格が下がり、市場が現在の価格不安定から解放されるだろう、としました。

イルナー通信によりますと、ザンゲネ大臣は16日火曜、テヘランで開催された石油・エネルギー関連会議の傍ら記者団に対し、アメリカのトランプ大統領は粗暴な態度によって原油価格を下落させることができると考えている、とし、「石油市場での不安定は、アメリカの行動の結果である」と語りました。

また、産油国のいずれもこれ以上石油を余剰生産する能力はなく、市場の現状は回復されない。それは、専門家の意見では、市場が原油の供給不足に直面しているからである」と述べました。

ザンゲネ大臣はさらに、「サウジアラビアは現在、国際市場での原油供給不足を補うため、自国の石油備蓄を使っているが、いつまでこれを続けられるかは不明である」としました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018