イラン大統領、「核合意を白紙に戻すことはできない」

  • ニュースコード : 858867
  • 出典 : parstoday
Brief

イランのローハーニー大統領が、「イラン大統領を含めて、世界で誰も核合意を白紙に戻すことはできない」と語りました。

ローハーニー大統領は7日土曜、テヘラン大学の新学期の始業式において、核合意が白紙の状態に戻せないことを強調し、「約束違反をする者は、自らの威信や信用を失うことになる。だが、イランは正しい道を選択し、これまでどおり約束を守っている」と述べています。

また、「核合意は、核技術の平和利用というイランの倫理面での勝利である」とし、「核合意が成立する前まで、一部の国はイランの核活動が違法であり、イランにはウラン濃縮の権利がないと主張していたが、いまやこの技術は法的な側面、そして国連の見解からも合法的な技術とみなされている」と語りました。

イランと6カ国による核合意は、昨年1月から実施されていますが、アメリカは6カ国側の一員でありながら、常にこの合意に違反しています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016