イラン大統領、「イランは安定を作り出し、誰にとっても危険ではない」

 イラン大統領、「イランは安定を作り出し、誰にとっても危険ではない」

イランのローハーニー大統領が、イランの防衛力は抑止力であり、地域の平和と安定を強化するためのものだとして、「誰もイランの兵器やミサイル、あるいは防衛力の基盤の強化を懸念すべきではない」と語りました。

ローハーニー大統領は、7日水曜、閣僚会合で、イランの経済、文化、政治、社会の力、特に軍事力は、他国に対するものではないとして、「イランは軍事力を他国への攻撃のために強化しているのではなく、イランの防衛力は抑止力であり、国を防衛するためのものだ」と述べました。

また、「イランはこれまでも、そしてこれからも決して、他国を侵略しようと考えたことはない」としました。

さらに、歴史も、イラン国民は決して圧政を行わず、誰かの土地を収奪し、近隣諸国を爆撃することがなかっただけでなく、ほかの国の難民も受け入れていることを示しているとしました。

ローハーニー大統領は、シオニスト政権イスラエルの地域における犯罪に触れ、「70年間、地域で騒乱や戦争、破壊を生み、毎日虐殺を行っていた者たちは、これ以上、イランの脅威について語ることはできない」と述べました。
...............
300


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018