テヘラン金曜礼拝、「革命記念日のメッセージは、イラン国民に対する神のご慈悲の継続だった」

テヘラン金曜礼拝、「革命記念日のメッセージは、イラン国民に対する神のご慈悲の継続だった」

16日に行われたテヘラン金曜礼拝で、アブートラービーファルド師が説教を行い、「今月11日のイスラム革命記念日のイラン国民の行進は、革命の価値観と理想を守るという彼らの強い意志を示すものだった」と語りました。


アブートラービーファルド師は、イラン国民は、革命記念日の行進で、鋼の意志により、イスラム革命の気高い理想を敵や友人の前に示したとし、「イラン国民への神の慈悲の継続が、この行進の最も重要なメッセージだ」と語りました。

さらに、「革命記念日の行進の2つ目のメッセージは、イスラム共和国の創始者ホメイニー師とイスラム革命最高指導者ハーメネイー師の理想へのイラン国民の結びつきの強化だ」としました。

イスラム革命勝利39周年の行進は、今月11日、テヘランとイラン全国の1000以上の都市、4000以上の農村部で行われました。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018