イラン外相 "聖地を首都とするパレスチナ独立国家の成立"を強調

イラン外相

イランのザリーフ外務大臣が、パレスチナ人の権利回復、聖地ベイトルモガッダス・エルサレムを首都とするパレスチナ独立国家の成立、ガザ地区の封鎖の即時停止を求めました。

イルナー通信によりますと、ザリーフ大臣は5日木曜、アゼルバイジャン・バクーで開催されている非同盟諸国外相会合において、特にガザ地区での最近野パレスチナ人の殺戮に触れ、「今や、シオニスト政権イスラエルの犯罪行為に対する国際的な捜査の実施が、すべての国の要求であってしかるべきだ」と語っています。

また、「パレスチナ人に対するシオニスト政権の犯罪は、この70年間、この政権が処罰されなかったこと、そしてアメリカとこれに同盟する一部の地域・地域外諸国が奨励したために実施された」と述べました。

さらに、「アメリカの支援、特に聖地に関するアメリカの最近の違法な決定は、イスラエルという中東のアパルトヘイト政権を益々賞賛した形となっている」としています。

ザリーフ大臣はまた、「国連は、シオニストによるこのような犯罪や政策、行動を非難するための措置を講じるべきだ」と語りました。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016