イラン外相、「ISに武器を支援していたのはアメリカとサウジアラビア」

イラン外相、「ISに武器を支援していたのはアメリカとサウジアラビア」

イランのザリーフ外務大臣が、テロ組織ISに武器支援を行っていたのは、アメリカとサウジアラビアだったとしました。

ザリーフ外相はツイッターで、「いくらアメリカのトランプ大統領やその協力者が偽りの事実を広めようとし、サウジアラビアがそれを触れ回っても、アメリカがいかに自分がISを敗北させたと主張しようとしても、現在の事実を変えることはできない」と述べました。

また、「ISを敗北させるためにイラクとシリアの人々の支援に駆けつけたのはイランであり、ISに武器を提供していたのはサウジアラビアとアメリカだ」と強調しました。

サウジアラビアのジュベイル外相は、スイス・ダボスで行われた世界経済フォーラムの年次総会で、「イランは中東の分離をあおっている」と主張しました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018