イラン外相、「地域で核兵器を保有しているのはアメリカとイスラエルのみ」

イラン外相、「地域で核兵器を保有しているのはアメリカとイスラエルのみ」

イランのザリーフ外務大臣が、「核実験に反対する国際デーを迎える中、我々の地域で核兵器を保有しているのは、アメリカとシオニスト政権イスラエルだけだ」と強調しました。

国連は2009年、決議を採択し、8月29日を核実験に反対する国際デーとしました。

ザリーフ外相は、29日水曜、ツイッターで、この日に際して、アメリカとシオニスト政権の核爆弾に触れ、シオニスト政権は恒常的な侵略者で、アメリカは核兵器を使用した唯一の国だとしました。

また、イランは1974年から核兵器のない地域を求めているとしました。

さらに、アメリカは1945年、広島と長崎に原爆を投下したとして、「この攻撃により、アメリカは世界で唯一核兵器を使用した国となった」と述べました。

一部の報告では、シオニスト政権はおよそ300発の核弾頭を保有しているとっされています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018