イラン外務省報道官、「英はイエメンの戦争犯罪に直接の責任がある」

イラン外務省報道官、「英はイエメンの戦争犯罪に直接の責任がある」

イラン外務省のガーセミー報道官が、イギリスの2人の閣僚がイランを非難する共同声明の中に盛り込んだ疑惑を否定し、「イギリス政府は、イエメンの戦争犯罪において直接の責任がある」と語りました。

イギリスのジョンソン外相とモルダント国際開発相は、26日月曜、共同声明の中で、「イランはイエメンに兵器を移送している」と主張しました。

イギリスは、アメリカ、フランス、サウジアラビアと共に、この数ヶ月、イランをイエメンへの兵器の移送で非難しようとしてきましたが、その計画に失敗しています。

イルナー通信によりますと、ガーセミー報道官は、26日夜、イギリスは、サウジアラビアへの情報・後方支援や兵器の売却により、イエメンでの戦争犯罪に直接、責任を負っているとし、「イギリスは、他国を非難できる立場にはない」と語りました。

さらに、イギリス政府に対し、このような自分の利益のみを追求するアプローチを終わらせるよう求めました。

 

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
haj 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016