イラン原子力庁長官、「アメリカの核合意離脱の際には、相手側が驚愕するような準備あり」

イラン原子力庁長官、「アメリカの核合意離脱の際には、相手側が驚愕するような準備あり」

イラン原子力庁のサーレヒー長官が、「アメリカが核合意を離脱すれば、イランは相手側が驚愕するような技術面での用意を整えているが、これは決して大言壮語ではない」と語りました。

IRIB通信によりますと、サーレヒー長官は21日土曜、政府の上級幹部らの会合において、アメリカが核合意を離脱した際のイラン側の対応策について、「イランはいつでも決定した際にその用意を整えており、我々は相手側が正気に返るよう希望する」と述べています。

また、イラン国内で設置予定の放射線科専門の病院についても、これについては良好に進捗しており、主な設計作業は終了している」としました。

さらに、最近イラン南部ブーシェフルで発生した震災についても、「19日木曜に発生したM5.9の地震ではブーシェフル原発には全く被害は出ておらず、この原発はこれよりはるかに強い地震にも耐えられるように設計されている」と語っています。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016