イラン副大統領、「米国、イスラエル、サウジはイラン経済に弊害を与えようとする」

イラン副大統領、「米国、イスラエル、サウジはイラン経済に弊害を与えようとする」

イランのジャハーンギーリー第一副大統領が、アメリカ、シオニスト政権イスラエル、サウジアラビアは、イラン経済の成長を阻もうとしているが、これは失敗するするだろう、としました。

IRIB通信によりますと、ジャハーンギーリー第一副大統領は1日日曜、テヘランで開催された石油国有化の日に因んだ式典において、「イラン産原油の輸入停止や、イランの輸出業界にとって問題を引き起こすことなどは、イランの経済に打撃を与えるためのアメリカの陰謀であり、イラン政府は、この陰謀に対抗するための必要な措置を考えてある」と語りました。

また、「イラン政府は、アメリカがイランの石油売却の削減を狙ったことを後悔するような措置を講じる」としました。

アメリカによる核合意離脱や対イラン制裁の復活後、アメリカは各国に対し、イラン産原油の輸入を今年11月まで停止するよう求めています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018