イランが、イラク・バグダッドでの爆弾テロ事件を非難

イランが、イラク・バグダッドでの爆弾テロ事件を非難

イラン外務省のガーセミー報道官が、イラクの首都バグダッドでの爆弾テロ事件を非難しました。

15日月曜朝、バグダッド市内中心部で、2つの爆弾テロ事件が発生しました。

プレスTVは、これらの事件により38人が死亡、100人が負傷したと報じています。

ガーセミー報道官は、今回の事件に際して、特にこの事件の犠牲者の遺族をはじめ、イラクの政府と国民に対し哀悼の意を表明しました。

また、改めて、テロとの戦いで、イラクの政府と国民を今後も強く支持する意向を、改めて強調しました。

13日土曜にも、バグダッド北部で爆弾テロが発生しており、このときには3人が死亡、9名が負傷しました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016