イラク史上最も危険なテロ計画 未然に阻止

  • ニュースコード : 845054
  • 出典 : parstoday
Brief

イラク内務省が、シーア派最高権威者の自宅や、多数の巡礼者が集まる巡礼所の爆破を狙った、最大規模のテロ計画を未然に阻止したことを明らかにしました。

イラクのスメリヤ・ニュースによりますと、イラク内務省は、「テロリストはこの計画において、ナジャフ、カルバラー、サーメラーといったイラクのシーア派の聖地や、シーア派最高権威のスィースターニー師の自宅を狙おうとしていた」と表明しています。

この発表によりますと、このテロ作戦の目的は、部族間の衝突をあおること、そしてテロ組織ISISの大きな敗北を隠すためだったとされています。

なお、イラク内務省テロ対策・情報局のバスリ局長は、「ISはこの計画において、爆弾を仕掛けた自動車や、外国籍の自爆テロ犯を使おうとしていた」と語りました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016