イスラム革命防衛隊ゴッツ部隊の司令官、「パレスチナ抵抗部隊を支援する用意あり」

イスラム革命防衛隊ゴッツ部隊の司令官、「パレスチナ抵抗部隊を支援する用意あり」

イランイスラム革命防衛隊ゴッツ部隊のソレイマーニー司令官が、イランはパレスチナのイスラム抵抗部隊を全面的に支援する用意があるとしました。

イルナー通信が11日月曜、報じたところによりますと、ソレイマーニー司令官は、パレスチナの抵抗グループの軍事部隊の司令官との電話会談で、さらに、地域の抵抗戦線の他のグループも聖地ベイトルモガッダス・エルサレムにあるアクサーモスクを防衛する用意を整えていると強調しました。

アメリカのトランプ大統領は、今月6日、一方的な行動の中で、聖地ベイトルモガッダスをシオニスト政権の首都として認めると発表し、テルアビブにあるアメリカ大使館の聖地への移転を指示しました。

多くの国や国際機関は、トランプ大統領のこの行動を非難しています。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016