イスラエルの戦闘機がガザ地区を攻撃

イスラエルの戦闘機がガザ地区を攻撃

シオニスト政権イスラエルの戦闘機が、9日月曜未明、ガザ地区にあるパレスチナ・イスラム抵抗運動ハマスの拠点を2回にわたり攻撃しました。

メフル通信によりますと、ガザ地区北部ベイトラヒヤのハマスの拠点の攻撃により、この地域に被害が出ています。

シオニスト政権軍の戦闘機は、ジャバリア難民キャンプの東にあるハマスの軍事部門の拠点を空爆し、これにより、周辺の住宅の窓ガラスが割れるという事態が発生しました。

シオニスト政権軍はまた、8日日曜夕方、東ベイトルモガッダス・エルサレムでパレスチナ人の若者一人を銃撃し、これによりこの若者は殉教しました。

また、ガザ地区のハンユニス東部で、パレスチナ人1人がシオニスト政権軍との衝突の中で重傷を負い、殉教しました。

3月30日からこれまで、シオニスト政権軍が祖国帰還の権利を要求する行進に参加したパレスチナ人を攻撃し、これによりパレスチナ人32人が殉教、3000人が負傷しています。一部の負傷者は重体となっています

また、別の情報では、シオニスト政権軍は、9日月曜にヨルダン川西岸地域を攻撃する中で、ハマスのメンバー数名を含む12人のパレスチナ人を逮捕したと伝えられています。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016