イエメン軍が、サウジ首都の国際空港に対しミサイルを発射

イエメン軍が、サウジ首都の国際空港に対しミサイルを発射

イエメン軍のミサイル部隊が、サウジアラビアの首都リヤドのキング・ハリド国際空港をミサイルで攻撃しました。

イルナー通信によりますと、サウジアラビア航空は、リヤドのキング・ハリド国際空港に弾道ミサイル1発が着弾したことを認めました。

これ以前に、イエメン空軍のイブラヒム・アル・シャーミー司令官は、イエメン領空でのパワーバランスが変わっており、敵はこれに関するイエメンの警告を真剣に取るべきだ、としていました。

 

こうした中、サウジアラビア軍の戦闘機は、4日土曜夜、2回に渡り、イエメンの首都サヌアを爆撃し、この中で、民家や公共の場所に被害が出ています。

サウジアラビア戦闘機はまた、4日、イエメン北部サアダ州の国境都市を爆撃し、これにより、民間人1人が死亡しました。

サウジアラビアはアメリカ、アラブ首長国連邦など複数の国の支援を得て、2015年3月からイエメンを攻撃し、全面的に封鎖しています。

サウジ軍のこの攻撃により、これまでに数万人のイエメン人が死傷しています。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018