イエメン西部で、サウジアラビア軍の攻撃で9人が死傷

イエメン西部で、サウジアラビア軍の攻撃で9人が死傷

サウジアラビア軍が、イエメン西部フダイダを攻撃し、これにより、イエメン人9人が死傷しました。

IRIB通信によりますと、サウジアラビアの戦闘機は30日月曜、フダイダ南部を攻撃し、この中で、4人が死亡、5人が負傷しました。

世界食糧計画は30日、報告の中で、イエメンの人道状況は悲惨なものであり、同国の1800万人の人々が食料安全保障の欠如に直面していることについて警告を発しました。

サウジアラビアは、2015年3月からアメリカの支持を得て、アラブ首長国連邦など複数のアラブ諸国と共にイエメンを攻撃し、全面的に封鎖しています。

この攻撃により、これまでに1万4000人以上のイエメン人が死亡、数十万人が負傷し、また数百万人が難民となっています。

この攻撃でさらに、イエメンは食糧や医薬品の深刻な不足に直面しています。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018