アメリカ軍特殊部隊 IS指導者の脱出に向け努力

  • ニュースコード : 815214
  • 出典 : parstoday
Brief

イラク義勇軍の報道官が、アメリカの特殊部隊・デルタフォースが、テロ組織ダーイシュ(IS)の指導者、アブバクル・バグダディをイラク北部モスル西部から脱出させようと努力しているとしました。

アルアーラムチャンネルによりますと、この義勇軍の報道官は、「アメリカの飛行機がこの1週間、モスルのある地区に着陸し、ISの幹部2人をこの地域から脱出させた」と語りました。

この報道官はまた、アメリカの特殊部隊も、一部のISの幹部や、ISの作戦を立案したアラブ諸国などの諜報員を地域から脱出させているとしました。

これ以前にも、先月28日、地元筋はイラクのスメリアニュースのサイトで、バグダディはIS占領地の支持者に対して、戦闘における敗北を認め、潜伏するよう求めたとしました。

ISは2014年6月10日から、サウジアラビアやアメリカの協力を得て、イラク北部ニナワ州の中心都市モスルを占領しました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016