アメリカ有志連合、シリアとイラクの民間人1100人以上の殺害を認める

アメリカ有志連合、シリアとイラクの民間人1100人以上の殺害を認める

アメリカ主導の対IS有志連合が、これまでに1114人の民間人をシリアとイラクで殺害したことを認めました。

イルナー通信によりますと、この連合は、27日木曜、報告の中で、2014年8月から今年8月末までの期間で、3万回にもわたりイラクとシリアを空爆し、この中でこれまで1114人の民間人が死亡したと発表したということです。

また、シリア人権監視団も報告の中で、アメリカ主導の有志連合がシリアへの攻撃をはじめてから、これまでに子供826人を含む3331人の民間人がこれにより死亡したとしました。

アメリカは近年、テロ組織への対抗を理由として、シリアとイラクの民間人を攻撃しています。

この有志連合はアメリカのオバマ政権時代に結成されましたが、正式な報告によりますと、アメリカとその西側やアラブ諸国の同盟国は、ISなどのテロ組織を立ち上げ、武器支援や資金援助を行っているとされています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018