アメリカ国務長官 自国の武器契約を重視しイエメンの人道問題を軽視

アメリカ国務長官 自国の武器契約を重視しイエメンの人道問題を軽視

ウォールストリートジャーナルが、アメリカのポンペオ国務長官がサウジアラビアとアラブ首長国連邦の武器契約は、イエメンの人道問題より重要だと語ったことを明らかにしました。

ウォールストリートジャーナルは、ポンペオ国務長官が、サウジアラビアへの武器の売却に関して、地域問題に関して経験ある専門家や、自身の補佐官の忠告を聞いていないと伝えました。

また、アメリカ国務省の一連の文書は、ポンペオ国務長官がおよそ20億ドル規模のサウジアラビアとの武器契約を継続することを支持していることを明らかにしました。

少し前に、アメリカ国際開発庁の関係者は、サウジアラビア連合が民間人がいる場所を考慮していないという強い懸念を理由に、ポンペオ国務長官に対して、サウジアラビアとアラブ首長国連邦への軍事支援を停止するよう求めていました。

一方で、8月下旬、アメリカの上院議員団はトランプ大統領に対して、法に従い、イエメンを攻撃するサウジアラビア連合への軍事支援を停止するよう求めていました。

サウジアラビアとその同盟国がアメリカの支援を得て、2015年からイエメンに軍事侵攻していることから、これまでにイエメン人1万4千人が死亡、数万人が負傷、数百万人が住む家を失っています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018