アメリカ主導の有志連合軍がシリア国内でISの身柄を移動

アメリカ主導の有志連合軍がシリア国内でISの身柄を移動

シリアの各メディアが6日土曜夜、テロ組織ISに対抗するアメリカ主導の有志連合軍により、テロ組織ISのメンバーの一部の身柄が、シリア東部デリゾール州アルシャーファから移動させられた、と報じました。

シリアの報道各社は、アメリカ主導の有志連合軍のヘリコプターが、テロリストの身柄の移動作業を行った、としています。

これらのテロリストの多くは負傷しており、彼らの移動先は明らかにされていません。

アルシャーファは、ISの占領下にあった都市の1つです。

複数の正式な報道によりますと、アメリカ主導の有志連合軍はこれまでに何度も、シリアのテロリストを支援してきたということです。

シリアのアサド大統領は最近、「有志連合軍は事実上、ISの空軍部隊と化している」と語りました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018