アメリカ  イエメンでの空爆を継続

  • ニュースコード : 815411
  • 出典 : parstoday
Brief

アメリカの無人機が2日木曜、イエメン中部のバイダー州の各地をおよそ30回にわたり爆撃しました。

アルアーラムチャンネルによりますと、情報筋は、アメリカの無人機はこの30階の攻撃で、同州南東部を標的にしたと言うことです。

さらに、「この攻撃の一方で、1日水曜夜、アメリカの戦闘機が、バイダー州の上空をひっきりなしに飛行しているのが見られた」としています。

一部の救急隊員や情報筋は、この攻撃を受け、女性10人と子供数人を含むイエメン人30人が殉教したとしています。

サウジアラビアはアメリカやイギリスの支援を受け、2015年3月からイエメンの人々への攻撃を開始しました。サウジアラビアの攻撃により3万8千人以上が死傷し、イエメンのインフラが破壊され、数百万人が難民となっています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016