最高指導者、

「ISをアフガニスタンに移動させたアメリカの目的は、地域駐留を正当化することだ」

「ISをアフガニスタンに移動させたアメリカの目的は、地域駐留を正当化することだ」

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、「ISをアフガニスタンに移動させたアメリカの目的は、地域における自分たちの駐留を正当化することにある」と語りました。

ハーメネイー師は、30日火曜朝、イスラム法学に関する講習会の初めに、最近のアフガニスタンにおけるテロ攻撃で人々が死亡したことに深い遺憾の意を示し、「テロ組織ISをアフガニスタンに移動させたアメリカの目的は、地域での駐留を続けるきっかけを作り、シオニスト政権イスラエルの安全を確保することにある」と語りました。


ハーメネイー師は、この数ヶ月、アフガニスタンでのテロ事件で数百人の人々を殺害したことをISが認めたことに触れ、「ISを創設し、この組織をシリアやイラクでの人々に対する犯罪や圧制の手段にした者たちが、これらの地域で敗北した今、ISをアフガニスタンに移動させようとしている。最近の殺害は、実際、このような陰謀の始まりだ」と語りました。

また、「アメリカの支援を受けたテロリストにとって、シーア派もスンニー派も違いはなく、シーア派もスンニー派も含めたすべての民間人が彼らの標的だ」と強調しました。


さらに、地域の人々を自分たちの内的問題に巻き込むことが、アメリカの第一の政策であるとし、「アメリカは、この地域を常に混乱させ、地域の政府や国民が問題を抱え続け、覇権主義の勢力であるシオニストに抗議することを考えさせまいとしている」と語りました。

ハーメネイー師は、アメリカが情勢不安を作る目的は、地域における自分たちの駐留を正当化することにあるとし、「アメリカは、彼ら自身がアフガニスタンの情勢不安の元凶であり、宗教を名目に、この地域でおよそ20年前から行われてきた殺害は、直接、あるいは間接的にアメリカの勢力によって引き起こされてきた。彼らは現在も、情勢不安を作り出して自分たちの駐留を確保し、政治的、経済的な目的を推し進めようとしている」と語りました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018