イラン国会議長、

「シオニスト政権は、世界におけるテロの生みの親」

  • ニュースコード : 838739
  • 出典 : parstoday
Brief

イランのラーリージャーニー国会議長が、「過去半世紀の中で、シオニスト政権の誕生以上に悪しき現象は存在しない。なぜならその中で、歴史上他に類を見ない犯罪が行われたからだ」と語りました。

ラーリージャーニー議長は、テヘラン金曜礼拝の前に演説し、「シオニスト政権の誕生は、中東の情勢不安の起点だった。現在、この政権のテロ支援が明らかなっており、イスラム諸国の多くを巻き込んでいる」と語りました。

また、「シオニスト政権の拡張主義は中東地域に限られない。シオニスト政権の国会議員は、イスラエルの西の国境はスイス、東の国境はイラクに達すると語っている」としました。

さらに、ISはシオニストのテロから生まれたものだとし、「アメリカによるシオニスト政権への支援は、テロの生みの親に対する支援を意味する」と語りました。

ラマザーン月最後の金曜日である世界ゴッツの日の行進は、23日金曜、イラン全国で実施されました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016