テヘラン金曜礼拝

「イランは地域諸国の有力な同胞」

  • ニュースコード : 815408
  • 出典 : parstoday
Brief

3日に行われたテヘラン金曜礼拝で、ハータミー師が説教を行い、イランは地域諸国の有力な同胞だと強調し、「イランの力は、これらの国の安定のためのものだ」と語りました。

ハータミー師は、アメリカのトランプ大統領の就任後、地域でイラン恐怖症が拡大したとし、「地域諸国は、アメリカが彼らを利用しようとしているだけであり、イラクのサッダームフセインと同じように、彼らもいつの日か、退陣させられるだろう」と語りました。

また、アメリカは地域諸国の分裂を狙っているとし、「地域諸国はこうしたアメリカの陰謀に警戒すべきだ」と語りました。

さらに、「イランがいなかったら、現在、テロ組織ISは、イラク、シリア、レバノンで統治体制を樹立していただろう」としました。

ハータミー師は、アメリカとその同盟国がシリアに飛行禁止区域を設けた目的は、難民の定住にあるのではないと強調し、「西側は、シリアを分離させるため、この地域にテロリストを避難させようとしている」と述べました。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016