テヘラン金曜礼拝

「イスラム法学者による統治を守る」

  • ニュースコード : 816878
  • 出典 : parstoday
Brief

10日に行われたテヘラン金曜礼拝で、イマーミーカーシャーニー師が説教を行い、先ごろ開催された、専門家会議の会合と最高指導者との会談について触れ、「イスラム法学者による統治は、イスラムの純粋な文化を復活させ、敵の攻撃に対抗するものだ」と語りました。

また、預言者一門の文化は、イスラム共同体に賞賛されているとし、「この文化はシオニスト政権イスラエルの同盟国を除く全てのイスラム社会に尊重されており、イランは預言者一門の文化を誇りにしている」と語りました。

さらに、この文化が世界に広まったことで、パレスチナ人はシオニスト政権に、イエメン人はサウジアラビアに、イラク人はテロ組織ISに抵抗することができたとしました。

専門家会議のメンバーは、9日木曜、会合の後に最高指導者のハーメネイー師と会談しました。

専門家会議の会合は、7日火曜から始まり、8日水曜、声明を読み上げて終了しました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016