IAEA事務局長、イランの核活動に関する批判を否定

IAEA事務局長、イランの核活動に関する批判を否定

IAEA国際原子力機関の天野事務局長が、イランの査察不可能な軍事施設における禁止事項の核活動に関する批判を否定しました。

ワシントンポスト紙は天野事務局長の話として、イランはIAEAの査察に関する妨害を行っていないとしました。

天野事務局長によりますと、イランの核合意は、昨年におけるIAEAの業務を2倍にし、その査察は3000日以上の日数分行われ、ほかのどの国よりも多かったということです。

また、IAEAの監視カメラは毎日数十万の映像を写しているとしました。

さらに、集められた情報は、イランの核合意遵守に関するIAEAの8回の決定の基礎となっているとしました。

天野事務局長は、これ以前にも、イランは核合意の取り決めを実施しており、6カ国と締結した核合意を守っているとしました。

核合意は2016年1月から発効していますが、アメリカは核合意の参加国でありながら、常にこの合意の実施を妨害しています。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016