EU上級代表が核合意維持へのEUの決意を強調

EU上級代表が核合意維持へのEUの決意を強調

EUのモゲリーニ外務安全保障政策上級代表が、EUの核合意維持に向けた決意を強調しました。

イルナー通信によりますと、モゲリーニ上級代表は19日月曜、欧州理事会の外相会合の後、記者会見で、「核合意の完全な実施は、EUにとって戦略的に重要であり、EUはこの合意を維持する中で団結する」としました。

また、アメリカに対して警告を発する中で、「EUは必要な場合、核合意における自身の利益を守る」と語りました。

さらに、核合意の枠外で、ミサイル問題や地域問題といった、ほかの問題について、イランと対話するよう求めました。

モゲリーニ上級代表は、この会合の開催前から、「この会合では、イランに対する新たな制裁の提案は行われない」と語っていました。

一部のメディアは、以前、イギリス、ドイツ、フランスが、この会合で、イランのミサイル計画に対する新たな制裁を提案しようとしていると伝えていました。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018